プログラミング

Reactでカード表示をやってみた!

こんにちは、MSKです。
Reactでカード表示をやってみたので、その解説を行います。

準備

まずはReactアプリを準備します。
typescriptを使っていきます。

npm create-react-app react-app --template typescript

使うのはmaterial-uiなのでインストールします。

npm install @material-ui/core

コーディング

表示するカードをコンポーネントにしたいと思います。
表示する内容はprops経由で送るとします。
まずはtypescriptを使っているので、propsの型を定義します。
型をまとめるtypes.tsxというファイルを作ります。
その中に、

export interface CARD_INFO{
    img_path: string,
    title: string,
    message:string,
    url:string,
    height:number,
    width: number,
}

としています。
カード表示にはmaterial-uiのCardを使用しています。
カードをクリックすると指定したURLに飛ばしたかったので、CardActinoAreaを使っています。
表示内容は画像とタイトル、簡単な紹介としたいと思います。
画像の表示にCardMedia、タイトルや紹介にはCardContentを使っています。
CardComp.tsxというファイルを作成して次のようにしました。

import React from 'react'
import Card from '@material-ui/core/Card';
import CardMedia from '@material-ui/core/CardMedia';
import CardContent from '@material-ui/core/CardContent';
import Typography from '@material-ui/core/Typography';
import {Button,CardActionArea,CardActions} from '@material-ui/core';

import {CARD_INFO} from '../types';

const CardComp = (props:CARD_INFO) => {
    
    const style = {
        height: props.height,
        width: props.width,
        maxWidth:320
    };

    const img_height = props.height*0.6;

    return (
        <div className="product-card-top">
            <Card style={style}>
                <CardActionArea href={props.url}>
                    <CardMedia image={props.img_path} title={props.title} style={{width:props.width,height:img_height}}/>
                    <CardContent>
                        <Typography variant="h5" component="div">
                            {props.title}
                        </Typography>
                        <Typography variant="body2" color="textSecondary">
                            {props.message}
                        </Typography>
                    </CardContent>
                </CardActionArea>
            </Card>
        </div>
    )
}

export default CardComp

CardCompを使うコンポーネントでは、Gridを使って表示しています。
(sassを使って、少し表示を整えてもいます。)

import React from 'react';
import {Grid} from '@material-ui/core';
import Footer from '../Footer/Footer';
import CardComp from '../CardComp/CardComp';
import PORTFOLIO_SITE_IMG from '../../assets/images/portfolio_site.png';
import SIMPLE_PDF_VIEWER_IMG from '../../assets/images/simple_pdf_viewer.png';
import SAMPLE_WEBPAGE1_IMG from '../../assets/images/sample-webpage1.png';
import './Create.scss';


const Create:React.FC = () => {
    return (
        <div className="create-page">
            <p className="create-top">Create</p>
            <p className="create-intro">作ったものの一覧です。少しづつ更新しています。</p>
            <Grid container className="create-container"  justify="center">

                <Grid item container xs={12} md={4}  sm={6} spacing={1} className="create-grid-item" justify="center">
                    <CardComp
                    title={"ポートフォリオサイト"} 
                    message={"Reactで作成。制作物や僕自身について紹介しています。少しづつ更新中。"} 
                    img_path={PORTFOLIO_SITE_IMG} 
                    url="https://github.com/MSK0303/portfolio" 
                    height={300} 
                    width={310} />
                </Grid>
                <Grid item container xs={12} md={4} sm={6} spacing={1} className="create-grid-item" justify="center">
                    <CardComp
                    title={"simple-pdf-viewer"} 
                    message={"Electronで作成。シンプルなPDFビュワー。自分が欲しい機能があれば更新しています。"} 
                    img_path={SIMPLE_PDF_VIEWER_IMG} 
                    url="https://github.com/MSK0303/simple-pdf-viewer" 
                    height={300} 
                    width={320} />
                </Grid>
                <Grid item container xs={12} md={4} sm={6} spacing={1} className="create-grid-item" justify="center">
                    <CardComp
                    title={"Webサイト1"} 
                    message={"HTML・CSS(SASS)・Javascriptで作成。デザインはクリスタ(https://crestadesign.org/)から使わせてもらいました。"} 
                    img_path={SAMPLE_WEBPAGE1_IMG} 
                    url="https://mcgex.net/webpage-sample1/public/index.html" 
                    height={300} 
                    width={320} />
                </Grid>
            </Grid>
            <Footer />
        </div>
    )
}

export default Create;

表示としては次のようになります。

PC画面での表示
モバイル画面での表示

最後に

Reactでカード表示を行ってみました。
material-uiを使ってコンポーネント化してみると表示したい内容が増えたときに楽ですね。

以上、「Reactでカード表示をやってみた!」でした。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
MSK
九州在住の組み込み系エンジニアです。 2児の父親でもあります。 数学やプログラミングが趣味です。 最近Webプログラミングと曲面結び目理論にはまっています。